加古歯科医院 院長によるブログです。
by saradental
カテゴリ
全体
自己紹介
仕事
プライベート
以前の記事
2014年 10月
2013年 12月
2012年 12月
2012年 07月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


夏休み part7
f0063715_22584762.jpg

旅行中の私の朝食です。ふだん私は朝食を採らず、一日2食の生活をしています。
前日の夜7時の夕食から翌日の昼食12時まで、17時間のミニ断食です。
私がそうしている理由は、この時間は体にとってデトックスの時間だからです。
しかし、旅行中だけはこんな贅沢な朝食をとっています。
バイキングでふんだんに取れる高価なフルーツ、そして野菜類。
まさに理想のフルタリアン、ベジタリアンの朝食です。
[PR]
# by saradental | 2010-09-07 20:02
夏休み part6
f0063715_22564796.jpg

「夏の高原のテニス」のブームはもう遙か昔の話。
今は誰もいない、鳥のさえずりしか聞こえない静かなコートで
中学生になった末息子とテニスをしました。
彼も随分、大きくなったものです。テニスは、はるかに私よりうまい。
テニスをしてやっていたつもりが、どうやら付き合ってもらっているようです。
2時間ほど打ち合った後、宿に帰り、ふたりで汗を流しました。
[PR]
# by saradental | 2010-09-05 22:53
夏休み part5
f0063715_22555276.jpg

何もしない、何も考えない時間。私にとっては至福の時間です。
しかし、家族との協調を考えると、そうはいかないようです。
少し、出かけることになりました。
何年ぶりでしょうか、黒部第四ダムを訪れました。
日本の電力資源のために約40年も前に多くの犠牲者をだして造られたダムです。
石原裕次郎の「黒部の太陽」を思い出す人は私と同じ年代の方でしょう。
このダムはほんとうにすごいです。
ダムの真上の立ち、真下の放水をのぞき見ると身震いします。
あの山を越えると、富山。そして立山がある。
次回は時間をつくり、このダムを抜け、立山に行ってみよう。
[PR]
# by saradental | 2010-09-04 10:29
夏休み part4
f0063715_22542927.jpg

宿への帰り道。猿の群れに出会いました。
いつもここに現れるグループです。この夏はやはり異常なのでしょう。
森の木の実や他の食料は見つけにくく、ついに農家の稲穂に手を出しています。
今年、名古屋で行われるCOP10。生物の多様性を真に願います。
f0063715_22541585.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-09-02 23:15
夏休み part3
f0063715_22524030.jpg

フルーツを求めて、近くの農家を訪れます。
最盛期を迎えた桃、これから色づくリンゴたち。どれもこれも見事です。
今日は桃と農家自家製のリンゴジュースを仕入れ宿に戻ります。
f0063715_22521880.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-09-01 06:22
夏休み part2
f0063715_2251933.jpg

まだ暑い夏なのに、宿の周りにはすでに秋の風情が見られます。
テレビのニュースは連日、最高気温36〜37℃の東京、名古屋の話題ばかり。
「ああ、長野の高原に来ていてよかった!」と思う瞬間です。
人里離れたこの地には、大らかに季節を奏でる自然がいっぱいです。
楽しい夏休みが続きます。
f0063715_22504931.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-08-31 07:00
夏休み part1
f0063715_22482427.jpg

今年の夏休みは、温泉。
温泉旅行というと、45年以上も昔、祖父と行った草津の湯治を思いまします。
小さいこどもにとっては、いつ帰るのかわからないほどの長い旅行でした。
こんな時間の過ごし方をしたくて、今回は長野への温泉旅行。
硫黄の臭いが、温泉気分をかき立て、まさに癒しの時間です。
私の「何も考えない旅」の始まりです。
[PR]
# by saradental | 2010-08-30 22:34
花火
f0063715_22301932.jpg

あまりにも暑い日々が続くと、なぜか前向きな気持ちも減るものです。
ブログも久しく間があき、申し訳ございませんでした。

さて、今回は、8月上旬に見に行った、花火見物のブログです。
場所は岐阜。各務ヶ原の友人のお誘いを受け、なんと金華山の頂上レストランのテラスから飲食をしながらの花火見物です。
私は、川のある街が好きですが、ここ岐阜も街の中心に長良川が流れ、周りは山に囲まれた大変きれいな街です。刻々と沈む夕日に映える養老山脈と長良川。
そして、次第に輝き始める街明かりだけでもすばらしい光景なのに、なんと贅沢なのか、3万発の花火が打ち上げられました。歳とともに、人混みを避けるようになり花火見物からも遠ざかっていたのですが、年に一度は、こういう優雅な花火見物もいいものです。
[PR]
# by saradental | 2010-08-28 22:46
ホームパーティー
f0063715_22513943.jpg

音楽好きの友人が集まりました。ホームパーティーです。
目的は、我が家の「波動スピーカー」を聞くこと、は名目で本心はただ愉快に
楽しく飲むこと。この日も7人でワイン類11本を開けました。
現役のピアニストによる即興演奏、クラシックおたくの自慢のCD、
場を盛り上げるライブDVDやらで大いに盛り上がり、7時間近くの楽しい
パーティーとなり終電に間に合うよう夜11時30分で解散。
みんな無事帰宅できたかとても心配です。
[PR]
# by saradental | 2010-07-28 23:52 | プライベート
松山 last
f0063715_12504792.jpg

親友に予約して頂いた松山市砥部の宿から見た早朝の景色です。
私が撮った写真の中でもベスト3に入る、お気に入りの写真が撮れました。
撮影時間は早朝5時を少し回った頃です。陽がでて間もないのに、
夏の強い日射しが、この季節の太陽の力強さを現しています。
湖面に映る青空が、この時間、ほんの一瞬だけミラーリングしていました。
私には芸術を創造するすべがありません。楽器も、筆もうまく扱えない。
唯一、自然を切り取れるのは写真だけかもしれません。
絵日記のように、その場の風景と文字を綴る「写真日記」は私の大切な趣味です
[PR]
# by saradental | 2010-07-26 12:52
松山 part3
f0063715_1249177.jpg

松山の街に残る路面電車は旅気分を盛り上げます。
「坊ちゃん列車」に乗り、道後温泉で湯につかり、2階の広間で
坊ちゃん団子を食べる。夏目漱石の「坊ちゃん」になりきるこの旅行。
本当に楽しいです。みなさんもぜひ松山で「坊ちゃん」になってください。
[PR]
# by saradental | 2010-07-25 20:49
松山 part2
f0063715_12412947.jpg

松山ゆかりの人物は、秋山兄弟、正岡子規、夏目漱石などがいます。
その夏目漱石が愛したこの道後温泉。ここがまたいい。
夏目漱石が入り、小説では坊っちゃんが通ったと思うだけでもワクワクする
この道後温泉。その雰囲気は、まさに「千と千尋の神隠し」そのまま。
きっと宮崎駿氏もこの湯に通ったことだろう。
歴史のロマンというのは、時は違うが場所は同じと言うことに尽きる。
その場に立ち、その時に感じ、想像する楽しみがロマンなのだろう。
今回も、湯上がりでほてった体を休憩室で坊ちゃん団子を食しながら
過ぎる時間を楽しんでいました。
[PR]
# by saradental | 2010-07-21 22:13
松山 part1
f0063715_21351757.jpg

「まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている。」
私の大好きな司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」の序文です。
松山に親友あり。彼も、松山も大好きだから、またここに来てしまいました。
真夏の松山城のこの坂にどれだけ多くの志士たちが行き交い
そして同じ坂の上の雲を目にしていたかを想像すると
この地に足っていることにゾクゾクします。
少し松山の話を続けます。
[PR]
# by saradental | 2010-07-19 21:46
f0063715_213014.jpg

数日前の豪雨はいったいどこに行ったのか?
大空には晴れ渡った真夏の空を見せている。
連日の雨と湿りきった空気に少し気持ちもふさがり気味みになり
待ち望んでいたはずの夏空なのに、このいかにも健康的で明るすぎる
青空に戸惑いを感じています。
今日も背中にびっしょり汗をかいて来院していただける患者さんに感謝です。
[PR]
# by saradental | 2010-07-17 21:25
恵那
f0063715_23310100.jpg

友人を亡くして以来始まった年2回の同級生旅行。
今夏は岐阜県の恵那に行きました。
恵那峡でも有名な緑豊かな地で、仲間5人で夜遅くまで語り明かしました。
翌日訪れた神社の階段。まっすぐでどこまでも続いています。
上りかけたら、振り向くのが怖くなるほどの傾斜。高所恐怖症の友人は上ることをリタイア。眼下の湖面には幻想的な霧と羽ばたく鳥。神聖な朝でした。
f0063715_2325660.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-07-06 23:04
歓迎会
f0063715_9303092.jpg

当人たちにとっては、首を長くして、待ちに待った新入社員歓迎会。
今年は、私の都合で大変遅くなってしまいました。
この時期になると、すでに加古歯科院にすっかりに溶け込んでいて、
誰が主役かわからないノリで大変盛り上がった歓迎会でした。
こうやって記念撮影をしていると、加古歯科医院も大所帯になったものだと
痛感すると同時にその責任の大きさを感じます。
そして、この楽しく明るく、パワーあふれるスタッフあってこその加古歯科医院だと、本当に感謝致しております。
[PR]
# by saradental | 2010-06-26 21:43
アンネのバラ園
f0063715_8201512.jpg

「もし、神様がわたしを長生きさせてくださるなら、、わたしは世界と人類のために働きます」。叶わなかった、アンネの願いがこの記念碑に書かれています。この花フェスタ記念公園には戦後60周年を期して、この記念碑とアンネの父が
「アンネの形見」として愛した、バラが植樹してあります。
私の庭にも、そのバラの株があり、この時期、オレンジ色のとても綺麗な花を咲かせます。この花を見て、願っても叶わなかった多くの人の分、自分が役に立たなければ、、。と思います。
f0063715_8203829.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-06-21 13:04 | プライベート
花フェスタ
f0063715_8163992.jpg

少し前の話になりますが、岐阜の可児市にある花フェスタへバラを見に行きました。可児市には、加古歯科医院を卒業して、独立した先生がいて、彼と合うのも
私の年間行事の楽しみです。花フェスタには平日にも関わらず多くの中高年の方が一眼レフと三脚を抱えて来場していました。私も負けじとカメラを向けますが、素人の私とは気合いの入れ方が違い、早々の退却です。
この日は晴天の花見日和。穏やかさに思わず幸せを感じた一日でした。
f0063715_8171694.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-06-17 20:33
睡蓮
f0063715_22214520.jpg

常滑の友人から「治療のお礼に」といただいた鉢に今年も睡蓮が咲きました。
早朝、みごとに咲いているこの花を見るといつも驚きとともに、その清楚で可憐な姿に感動を覚えます。昼の休憩にこの花を見るともう花を閉じ始めている。
「ああ、君はもう店じまいか!」と少し羨ましくも、自然の時間の流れを感じています。
[PR]
# by saradental | 2010-06-16 23:57
i-pad
f0063715_22281836.jpg
僕のi-padが来ました。最大の目的は、電子書籍です。
モニターで本を読むのはどうかと思っていましたが、
これが意外にも便利。文字の大きさや必要事項の検索が早くまた私のように多読する人には、その保管場所に困らない。パソコンやi-phoneとはまた違った使い方が楽しめそうです。ただ、私のi-padが知らないうちに、家族の所有物になっているのがとても心配なのですが、、。
[PR]
# by saradental | 2010-06-13 22:29
日本抗加齢学会in 京都
f0063715_22244346.jpg

いつも大変お世話になっている、小峰先生、玉城先生、城島先生。
このメンバーで行く、学会そして懇親会はいつも本当に楽しく
毎日学会があってもいいほどです!今回の学会は、日本抗加齢学会。
歯科医師でこの学会に注目している方はまだ少なく、これからの歯科界の最先端を歩んでいると実感いたします。加古歯科医院の患者様にも、いっぱいアンチエイジングを味わっていただきます!
[PR]
# by saradental | 2010-06-13 22:25
クララ・シューマン
f0063715_2394114.jpg

友人のピアニスト、田中一美さんのコンサートがありました。
いつもながらすばらしい。一緒にお酒を飲んでいる時からは想像もできない、
プロとしての彼女。本当に見事です。
今回の曲目はシューマンとそのご婦人のクララ・シューマン。そしてブラームスです。マイナーな映画でしたが「クララ・シューマン 愛の協奏曲」でご存じの方も多いと思います。この3人、芸術で結ばれていたと言われていますが、私的には複雑な事が多々があったことでしょう。その密やかな会話が聞こえるようなコンサートでした。
[PR]
# by saradental | 2010-06-03 08:28 | 自己紹介
うだつ
f0063715_11565699.jpg

「うだつが上がらない」と聞くと、よく「ドキッ」としたものです。そして、
その「うだつ」の正体を知らぬまま、その言葉にびくびくしていたものです。
先日、岐阜県美濃市へ旅行に行きました。美濃市は全国でも有名な「うだつ」の街。昔は美濃和紙で富を得た豪商が軒を並べ、今でもそのお屋敷を多く残すとても味わいのある街です。名古屋から1時間ほどの街ですが、いままで足を運ぶこともありませんでした。訪れてみると、びっくり。高山や郡上八幡に勝るとも劣らぬ町並みには、本当に驚かされました。
加古歯科医院にはまだ「うだつ」はありませんが、時代に名を残す名医になりたいものです。
f0063715_11571966.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-05-30 11:57 | プライベート
Venus
f0063715_11551738.jpg

三日月の上に輝く白い星。そう金星です。陽が沈んだ西の空で撮影しました。
金星は太陽を回る惑星なので、どの一等星より明るく、そして力強く光ります。
地球の周りを回っている月、地球の隣にいる金星。そして私が立っている地球。
この星と私を遮るものがない、つながっているこの感覚。
そしてこの宇宙という果てしもない空間を創造するとすごくロマンを感じ
この宇宙から自分を眺めてみると、とてもスケールが大きくなります。
なにも思い悩まず、明日も大らかに生きよう。
[PR]
# by saradental | 2010-05-24 11:55
薔薇
f0063715_11525718.jpg

今年も庭のバラが咲きました。
この写真のバラは「フェアリー・ブランカ」です。つぼみには赤みがあり、
花が咲くと真っ白になります。あまりにも愛らしいので写真にしました。
「育んできたものに、結果でる」と言うことは、とても嬉しいことです。
育むには、愛情と忍耐が必要です。教え、育む事が「教育」とすると
園芸も人の子育てと同じなのでしょう。そう思うと益々愛おしくなります。
f0063715_11531279.jpg

このバラは「ジェントル・ハーマイオニー」
[PR]
# by saradental | 2010-05-24 11:53
パマリカン島3
f0063715_2147946.jpg

結局、この数日間、夕陽と朝陽を見て終わりました。
いや、それを望んで来たのですから、とても満足です。
スキューバーダイビングもフィッシングもボート遊びもしない。
何もしない一日。これほど贅沢で至福な時はありません。
そして何も考えない時間。ありがとう、僕のパマリカン島。
f0063715_21474316.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-05-09 21:48
パマリカン島2
f0063715_21425967.jpg

この夕焼けを見るためにここまで来たと言っても過言ではありません。
「海に陽が沈む」とは、こういう事を言い、
それを見ている人が、これほど静かな気持ちで一日を終え
安らかな心になる事を今まで知りませんでした。
それほど、すばらしい夕陽です。刻々と変化する空と海の色。
やさしい風と波の音と鳥のさえずりが私の五感を至福のものにしていきます。
静かに沈んだ陽の後には、もう『宵の明星』の金星が光っている。
同じ地球上に住み、同じ時間を過ごしているのに
どうして、こういう幸せな気持ちで一日が終われないのか不思議に思います。
少なくとも、ここにいる数日間、穏やかな気持ちでいられますように。
f0063715_22203074.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-05-09 21:43 | プライベート
パマリカン島 1
f0063715_952668.jpg

『日本の祝日は本当にいい時にある』と外国の友人によく言われます。
昔は気づかなかったのですが、こうして社会人として働いていると、なるほど
その通りだな、と痛感します。 この5月の連休、お気に入りの『南の島』
パマリカン島に行ってきました。知名度の低いこの島。フィリピンのマニラから南へ600キロ程にある、周囲8キロほどの小さな島です。この島に行くには、
マニラから10人ほどしか乗れない小型プロペラ機で行くのですが、これがまたスリル満点。雨雲に突っ込むとまるで木の葉のように揺れて、機内は不安と恐怖の気で満ちあふれます。島の滑走路はもちろん砂利で、まるで零戦の離着陸を
思わせるような風景です。さあ、この島で私の充電期間が始まります。
f0063715_963874.jpg
f0063715_21385922.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-05-07 08:56
2010スタッフ旅行 2
f0063715_1961662.jpg

買い物やエステという楽しみのない、非文化的な我々男性陣の唯一の
楽しみは食事とお酒。日が沈むのを楽しみにして、オーダーしたのはニンニク
いっぱいの料理と、まさに乳酸菌が生きていると感じるとても美味しいキムチや溢れんばかりの野菜料理。
そして、この風土にぴったりの韓国のどぶろく、マッコリ。
この時期と言えどまだ肌寒く、オンドルの暖かみを気持ちよく感じながら、
兄弟の国の夜が過ぎます。
f0063715_2249859.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-04-30 22:04 | 仕事
2010スタッフ旅行
f0063715_22514100.jpg

今年もやってきました。加古歯科医院スタッフ旅行。
毎月、少しずつ積み立てをしてこの日のために備えます。
今年は、念願のソウル。女性陣にとっては、食事、買い物、エステ、、、と
楽しい事ばかり。いくら時間があっても足りません。両手に荷物をいっぱい抱え満面の笑みと、はじける会話を聞ける事が、私にとっての幸せです。
ソウル旅行はどうもローテーションに組み込まれそうです。
f0063715_2253496.jpg

[PR]
# by saradental | 2010-04-30 20:02