加古歯科医院 院長によるブログです。
by saradental


<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
cruising in 瀬戸内海
f0063715_19583963.jpg

高松では今、瀬戸内国際芸術祭2010が開催されています。
友人のヨットで、その芸術祭の開催されている男木島へ向かいます。
歯周病学会の開催地とは、遙か離れています。まあ、これでいいのだ。
天気は快晴。洋上で今が旬のたこ釣りを初体験し、終日、瀬戸内海に遊びます。
学会の会場にいる友人には申し訳ないのですが、人生にはこんな一日の過ごし方もあるものなのですね。
by saradental | 2010-09-27 19:41
Walk in 高松
f0063715_1955748.jpg

高松には、私の好きなイサム・ノグチの庭園美術館があります。
彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家でもあったイサム・ノグチは晩年この高松市牟礼町に地元産出の花崗岩で造った彫刻の庭園とアトリエを作成しました。それがこのイサム・ノグチの庭園美術館です。
 以前から、彼の芸術性に魅力を感じ、部屋に彼のデザインした照明を購入し、
「どんな人だったのだろう?」といつも想像していましたが、縁あってようやくこの美術館を訪れることができました。いや、ここに来るために、早朝6時に家を出て、やっとたどり着きました。
 ここ牟礼町は源平合戦のあった屋島のすぐ近くです。駅まで歩く道筋には、
その合戦の跡地を記す史跡が多くありました。「もしかしたら今、私は源義経が平家と戦った海の海底を歩いているのでは?」と考えると暑い道中にも夢がわきます。
f0063715_1956038.jpg

by saradental | 2010-09-27 00:37
歯周病学会 in 高松
f0063715_19423011.jpg

歯周病学会が行われる高松へ向かいます。
セントレアから飛行機がないため、陸路で向かいます
私は、なんと神戸以西に新幹線で行くことは初めて!少しワクワクです。
岡山で新幹線を降り、高松へ向かう快速マリンライナーに乗り継ぎます。
二階建ての席は、旅行情緒を一気に引き上げました。
車窓から見える瀬戸内海の穏やかな海と、海に浮かぶ小島は今まで
見たことのない日本でした。この先の出会いと未来に胸が躍ります。
f0063715_19424522.jpg

by saradental | 2010-09-24 19:44
北海道 洞爺湖
f0063715_2216312.jpg

旅の終わりは、洞爺湖です。写真の中央右に写る奇妙な山は昭和新山です。
1943年12月から1945年9月までの2年間に17回の活発な火山活動でできた
溶岩ドームの山です。実際に目の前で見るのは初めてですが、
未だに山から煙を噴く姿、山の異様な形と色は照りつける明るい光によって、
まるでゴッホが描く絵のようでした。歯科医師会の旅もこれで帰路につきます。
by saradental | 2010-09-18 16:37
北海道 余市
f0063715_22115549.jpg

f0063715_22123378.jpg

北海道へは学生時代を含め、4回ほど行ったことがあります。
しかし、ここ余市にあるウィスキー蒸留所へは、初めて訪れました。
場内を案内してくださるきれいな女性から、創始者のウィスキーにかける情熱と苦労、おいしいウィスキーができる秘密や数々の輝かしい受賞話などを聞いているうちに今では全く飲まなくなったウィスキーを、なぜか場内のshopで買ってしまう私でした。しかし、帰宅後、旅を思い出しながら飲むウィスキーはそれなりに懐かしい味があるものです。
f0063715_22141318.jpg

by saradental | 2010-09-17 21:28
北海道へ
f0063715_22284961.jpg

歯科医師会の旅行です。皆さんにはなじみのない団体だと思います。
この歯科医師会という組織は、学術、地域医療、福祉のボランティアなどを主に行っている団体なのですが、年に一度、地域の先生が集まり、親睦を深めるために旅行に出かけます。今回は北海道。 飛行機やバスで隣り合った先生からは、普段聞けない仕事や、夫婦関係、また家族の悩みや話題があふれ出します。
同業者だからこそ感じ取れる悩みもあり、お互いに話が盛り上がります。
年に一度はこんな旅行もいいですね。
by saradental | 2010-09-14 16:41
井の頭
f0063715_22301626.jpg

セミナーのために東京に出ました。
訳あって、前日は井の頭公園の近くに宿泊し、翌日京王線で新宿にでて、その後山手線で目的地の日暮里へ。東京は鉄道が本当に便利です。それに運賃がとても安い!人の多さだけ我慢すれば、とても住みやすくて快適なんでしょう。
しかし、田舎ものの私はセミナーを終え、名古屋へ向かう新幹線に乗るとなぜかホッとします。
by saradental | 2010-09-10 22:42
夏休み last
f0063715_2352934.jpg

いよいよ安曇野を離れる日が来ました。
相変わらず夏の晴天は続き、標高が下がるほど暑さを感じます。
長い夏休みでした。ありがたい夏休みでした。
学生の時は、もっと遙かに長い休日をすごしていたはずなのに、
大人になった今、これほど休日が充実しているのは日々の生活が充実している
からだと実感します。
毎日、診療することが本当に楽しみです。歳を重ねるほどその思いは増してきました。私が診療する事で喜んでいただける人がいる。笑顔が見られる。
そんな、私の素直な気持ちが毎日をとても充実させています。
by saradental | 2010-09-09 09:06
夏休み part7
f0063715_22584762.jpg

旅行中の私の朝食です。ふだん私は朝食を採らず、一日2食の生活をしています。
前日の夜7時の夕食から翌日の昼食12時まで、17時間のミニ断食です。
私がそうしている理由は、この時間は体にとってデトックスの時間だからです。
しかし、旅行中だけはこんな贅沢な朝食をとっています。
バイキングでふんだんに取れる高価なフルーツ、そして野菜類。
まさに理想のフルタリアン、ベジタリアンの朝食です。
by saradental | 2010-09-07 20:02
夏休み part6
f0063715_22564796.jpg

「夏の高原のテニス」のブームはもう遙か昔の話。
今は誰もいない、鳥のさえずりしか聞こえない静かなコートで
中学生になった末息子とテニスをしました。
彼も随分、大きくなったものです。テニスは、はるかに私よりうまい。
テニスをしてやっていたつもりが、どうやら付き合ってもらっているようです。
2時間ほど打ち合った後、宿に帰り、ふたりで汗を流しました。
by saradental | 2010-09-05 22:53