加古歯科医院 院長によるブログです。
by saradental


<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ホームパーティー
f0063715_22513943.jpg

音楽好きの友人が集まりました。ホームパーティーです。
目的は、我が家の「波動スピーカー」を聞くこと、は名目で本心はただ愉快に
楽しく飲むこと。この日も7人でワイン類11本を開けました。
現役のピアニストによる即興演奏、クラシックおたくの自慢のCD、
場を盛り上げるライブDVDやらで大いに盛り上がり、7時間近くの楽しい
パーティーとなり終電に間に合うよう夜11時30分で解散。
みんな無事帰宅できたかとても心配です。
by saradental | 2010-07-28 23:52 | プライベート
松山 last
f0063715_12504792.jpg

親友に予約して頂いた松山市砥部の宿から見た早朝の景色です。
私が撮った写真の中でもベスト3に入る、お気に入りの写真が撮れました。
撮影時間は早朝5時を少し回った頃です。陽がでて間もないのに、
夏の強い日射しが、この季節の太陽の力強さを現しています。
湖面に映る青空が、この時間、ほんの一瞬だけミラーリングしていました。
私には芸術を創造するすべがありません。楽器も、筆もうまく扱えない。
唯一、自然を切り取れるのは写真だけかもしれません。
絵日記のように、その場の風景と文字を綴る「写真日記」は私の大切な趣味です
by saradental | 2010-07-26 12:52
松山 part3
f0063715_1249177.jpg

松山の街に残る路面電車は旅気分を盛り上げます。
「坊ちゃん列車」に乗り、道後温泉で湯につかり、2階の広間で
坊ちゃん団子を食べる。夏目漱石の「坊ちゃん」になりきるこの旅行。
本当に楽しいです。みなさんもぜひ松山で「坊ちゃん」になってください。
by saradental | 2010-07-25 20:49
松山 part2
f0063715_12412947.jpg

松山ゆかりの人物は、秋山兄弟、正岡子規、夏目漱石などがいます。
その夏目漱石が愛したこの道後温泉。ここがまたいい。
夏目漱石が入り、小説では坊っちゃんが通ったと思うだけでもワクワクする
この道後温泉。その雰囲気は、まさに「千と千尋の神隠し」そのまま。
きっと宮崎駿氏もこの湯に通ったことだろう。
歴史のロマンというのは、時は違うが場所は同じと言うことに尽きる。
その場に立ち、その時に感じ、想像する楽しみがロマンなのだろう。
今回も、湯上がりでほてった体を休憩室で坊ちゃん団子を食しながら
過ぎる時間を楽しんでいました。
by saradental | 2010-07-21 22:13
松山 part1
f0063715_21351757.jpg

「まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている。」
私の大好きな司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」の序文です。
松山に親友あり。彼も、松山も大好きだから、またここに来てしまいました。
真夏の松山城のこの坂にどれだけ多くの志士たちが行き交い
そして同じ坂の上の雲を目にしていたかを想像すると
この地に足っていることにゾクゾクします。
少し松山の話を続けます。
by saradental | 2010-07-19 21:46
f0063715_213014.jpg

数日前の豪雨はいったいどこに行ったのか?
大空には晴れ渡った真夏の空を見せている。
連日の雨と湿りきった空気に少し気持ちもふさがり気味みになり
待ち望んでいたはずの夏空なのに、このいかにも健康的で明るすぎる
青空に戸惑いを感じています。
今日も背中にびっしょり汗をかいて来院していただける患者さんに感謝です。
by saradental | 2010-07-17 21:25
恵那
f0063715_23310100.jpg

友人を亡くして以来始まった年2回の同級生旅行。
今夏は岐阜県の恵那に行きました。
恵那峡でも有名な緑豊かな地で、仲間5人で夜遅くまで語り明かしました。
翌日訪れた神社の階段。まっすぐでどこまでも続いています。
上りかけたら、振り向くのが怖くなるほどの傾斜。高所恐怖症の友人は上ることをリタイア。眼下の湖面には幻想的な霧と羽ばたく鳥。神聖な朝でした。
f0063715_2325660.jpg

by saradental | 2010-07-06 23:04