加古歯科医院 院長によるブログです。
by saradental


母逝く
ついに逝ってしまった。心の準備はしていたけどやはり辛い。
治る見込みのない病気に母も苦しんだであろう。
「まだもう少し」という人間としての期待と死への恐怖。
どれだけ母は耐えたことであろう。
「もう死にたい」苦悩の果てにたどりついた答えなのであろうが
周りにいる私たちにとってはとてもつらかった。
2011年1月10日(月)夜8時
母の魂が肉体から解放された時だ。
私は今回の事で、魂、未知なる世界を確信した。
沖縄にいた私を待った母。親族一同を迎えた母。
主治医でお世話になった龍華先生にお礼をいうために待った母。
そして病室を一時期外出した、兄、幸ちゃん、菜甫子、万里子、そして朝子を待った母。
私の仕事を考え休診することなく通夜、告別式を済ませた母。
病院ベットサイドで付きそそう父を気遣い、夜8時に逝った母。
すべてが偶然であろうか?ありえない。
すべて考えられ、どこかで見ながら進められたことだ。
私は確信した。この大いなるものの存在を。
そして私がこの世に何をしに来たのかも悟った。
私を生んでくれた母 治子。ありがとう。そしてさようなら。
by saradental | 2012-07-25 22:30
<< 聖書 母との会話 >>