加古歯科医院 院長によるブログです。
by saradental


アメリカ歯周病学会(サンフランシスコ)
f0063715_12532344.jpg


ブログ再開、第一弾。
2014年9月、アメリカ歯周病学会に行って来ました。
ハードルの高いアメリカ歯周病学会 会員になってもう7年目。
今年はサンフランシスコでの開催です。最新、最先端の情報と、新しい医療器具を今年も収穫してきました。 常に前進、最先端で有り続けます!
# by saradental | 2014-10-20 13:01 | 仕事
生命体
死なないと本来の生命体が自由にならないと思う。
加古治子と言う肉体に制御されていたエネルギーは
今、自由を得て私の周りにいるように思えてならない。
離脱して初めてなし得る力なのだろう。
私も今、加古美裕の肉体内に限局されて存在している。
この物質的肉体内で果たせる限界をなし得るのが
今なし得る事なのだろう。
随分見えない力、存在を感じるようになったし
直感が生きて来た。
もっと自由になりたい。
# by saradental | 2013-12-25 00:11
2011クリスマス
母の夢を初めてみた。実にリアルに。
左の洞窟から出て来た(退院した)母は、僕の後ろから、両手で頬を包んでくれた。
その手は膨よかで、温かい。表情も声も、以前の母のまま。
その場の雰囲気は圧倒的に変わり明るくなる。
僕の後ろにいた父は、笑顔が崩れ、声も裏返り、本当に嬉しそうだ。

今日はクリスマス。これは母のプレゼントか、復活か。
生前、母の話や、考え、キリスト教の教えを聞いておけばよかったと思う。
しかし、私にとって圧倒的に有利なのは、「母の子」という事だ。
「もう、自分の中に持っているわよ。」って言われた。
『聖母治子の子』というと私はキリストか!!
# by saradental | 2012-12-25 08:55
聖書
母が最期に伝えようとしたもの、残していったものは「聖書」かもしれない。
生存中は何も興味のなかった聖書。
マタイによる福音書 「思い煩うな」
私が悩んでいたときに母が教えてくれた教えだ。
このマタイによる福音書の中で「山上の説教」第7章が一番おもしろい。
神と金 私に言っているような物だ。
そういえば、母は生前お金にまつわる卑しい話を一切しなかった。
またこういう話を嫌った。何も語らなかったが、こんな教えからかもしれない。
母の死で私は目に見えない不思議な世界を確信した。
母よ、僕の生き方を見ていてくれ。
# by saradental | 2012-07-26 20:41
母逝く
ついに逝ってしまった。心の準備はしていたけどやはり辛い。
治る見込みのない病気に母も苦しんだであろう。
「まだもう少し」という人間としての期待と死への恐怖。
どれだけ母は耐えたことであろう。
「もう死にたい」苦悩の果てにたどりついた答えなのであろうが
周りにいる私たちにとってはとてもつらかった。
2011年1月10日(月)夜8時
母の魂が肉体から解放された時だ。
私は今回の事で、魂、未知なる世界を確信した。
沖縄にいた私を待った母。親族一同を迎えた母。
主治医でお世話になった龍華先生にお礼をいうために待った母。
そして病室を一時期外出した、兄、幸ちゃん、菜甫子、万里子、そして朝子を待った母。
私の仕事を考え休診することなく通夜、告別式を済ませた母。
病院ベットサイドで付きそそう父を気遣い、夜8時に逝った母。
すべてが偶然であろうか?ありえない。
すべて考えられ、どこかで見ながら進められたことだ。
私は確信した。この大いなるものの存在を。
そして私がこの世に何をしに来たのかも悟った。
私を生んでくれた母 治子。ありがとう。そしてさようなら。
# by saradental | 2012-07-25 22:30
母との会話
2010年 10月 未来が想像できる。もう、話したくても話せない、声が聞きたくても聞けない時を。もうすぐ来るとは思いつつ、心では否定している。
天国との電話回線が開通してない今、母と会う時間は何より優先される。本人は生きている意味がないという。しかし、家族にとってはまるで意味が違う。
生存していることが意味がある。
命とはそういうものなのだろう。おかあちゃん、まだ伝える事あるでしょ!
# by saradental | 2012-07-24 22:24
退院
2009 9月 母が今日、退院した。一時期はもう帰れないのでは、ホスピスを選ばなくては、と言うほどの症状でした。その母が、みんなに迎えられ帰ってきました。喜ぶ母は大はしゃぎ。でも、むせないし、咳き込まない。顔色もいいし、気も出ている。あとは落ちた筋肉をつければ日常生活は十分戻れそうだ。
今回、本当に多くの方々にお世話になりました。特に医療現場の医師、看護士の方々には、頭が下がる思いと、同じ医療従事者として多くを考えさせられました。本当にありがとうございました。
# by saradental | 2012-07-24 21:20
涙と言うのが、悲しみとは関係なく出てくると初めて分かった。
母の、肺がん末期が本日明言された。
予想はしていたが、現実として提示されたくなかった。
今できる事は、会える時に合いにいく事だけだ。
会いたくても会えない日が来る前に。
# by saradental | 2012-07-24 18:52
運命
今年はいいことがない。
6月にわかった兄の悪性リンパ腫、そして7月の突然の母の末期肺がんの告知
夢で見たあの光景がまさに現実化されていく。
『美裕、行くよ』という母の声。火遊びに興じる自分。
そして、ひとり置いてきぼりになり、遅れたとばかりに後を追ってもどこにもいない母と兄の姿。
道を間違えたと思い、分かれ道までもどり、後を追うがどこにもいない。
そんな夢が、現実となっていく。
涙しても、どうしようもない現実。魂は永遠。虚空でまた会えるとは思っても
どうしようもない感情が私を襲う。
どうぞ穏やかに時間が過ぎ行くように祈るばかりである。
# by saradental | 2012-07-23 18:17
入院
8月20日(木)入院した母を初めて見舞いにいった。看病される病人が見舞い客に気をつかっている。
相変わらずの母だ。息くるしさは本人しか分からないのだが、客観的な目では、胸水を抜いたせいで
楽になっているように見える。鼻には酸素、胸には胸水のドレーンのチューブ。いよいよ病人に見える。診察に行った父親と瑞穂の浜源へ行き、寿司を食べる。父親も、あんな、こんな事があり、あれほど好きだった寿司さえしばらく食べていなかったようだ。
帰りにサイド母を見舞い帰宅する。父と母には、私たちこどもでさえ分からない、あうんの息づかいと
意志の伝達があるようだ。「もうダメかもね」「もう少し、頑張れ。おれが先だぞ」「そんな事ばっか言って。不安だから近くにいてね」「わかっているよ」なんて言う心の会話が行われているようだ。
生老病死。すべてに意味を感じて味わいながら生きていきたい。
# by saradental | 2012-07-23 08:21
sunset
f0063715_2243026.jpg

登る陽があり、沈む陽もある。
一時も止まる事のない時の流れ。
長い間、つまらぬ私のブログにおつき合いくださいまして
本当にありがとうございました。
しばらくの間、お休みさせて頂きます。
ありがとうございました。
# by saradental | 2012-01-10 20:00
a full moon
f0063715_21521569.jpg

気持ちのいい満月です。自宅近くの池に反射する光はまさに幻想的。
大きなもののなかに生きる、小さなものを感じます。
今の私はすべてを、小さくされたものに視座を移す事。
やっと心の軸がつかめました。
# by saradental | 2012-01-08 21:59
2012 おめでとうございます
f0063715_1927245.jpg

とても気持ちいい新年を迎えました。
長野県信濃大町。NHK「おひさま」のふるさとです。
私はこの地が大好きです。きれいな空気と水。雄大な北アルプスと裾野に広がる安曇野。豊富な湯量を誇る温泉。新しい年を迎えるのにこれほど私に適したところはありません。昨年の反省を除夜の鐘とともに、新たな決意を新年に。
冷たく透き通った空気を胸いっぱいに深呼吸し、今年も前に進みます。
# by saradental | 2012-01-03 19:45
2011 忘年会
f0063715_23393968.jpg

今年も1年間、ありがとうございました。お陰さまで今年も充実した
楽しい1年を送る事ができました。みなさまに支えられ、今年も頑張れました。
力強く、楽しく、明るいから、患者様を幸せにできると信じています。
来年もどうぞご期待ください。頑張ります!!
ありがとうございました。感謝。
# by saradental | 2011-12-29 23:45
しらす
f0063715_2223241.jpg

知多半島の先の漁港には多くの魚が揚がる。
その中に、名物のしらす干しがあります。全体食としては最高の食材だと思う。
今回も和風スパゲティーに和えるために、アゲと炒めたいっぱいのしらす干し。
こんなに多くの命を頂いて、自分の命を繋いでいる。
くだらない生き方はできないぞ!といつも思い知らされる、しらす干しです。
# by saradental | 2011-12-28 22:49
西洋なし
f0063715_2224381.jpg

私がベジタリアンと知ってか、頂き物はフルーツが多い。感謝、感謝です。
写真は頂いた西洋なし。私はなぜかこのフルーツが大好き。
独特の香りと、優しい味に、品の良さを感じる。
残りは5つ。今年もあと5日となった年末のカウントダウンにぴったりです。
# by saradental | 2011-12-27 06:00
道中
f0063715_22215631.jpg

いよいよ、寒くなって来た。朝早くセミナーに向かう新幹線。
車窓には一面、雪景色の田園が広がる。ここは天下の分かれ目、関ヶ原。
温暖な太平洋側でも、ここだけはいつも雪が早く降り積もる。
セミナーへの移動中の車内は、なぜか、ほっとする時間です。
f0063715_22214443.jpg

# by saradental | 2011-12-25 22:22
クリスマス サロンコンサート
f0063715_20312048.jpg

友人のピアニスト、田中一美さんのクリスマスサロンコンサート
名古屋観光ホテルでディナー&ワインを頂きながらの贅沢なコンサート
今回の演目は、生誕200周年のリスト。愛深きリストはこのクリスマスに
ピッタリだったのだろう。熱い演奏に思わずスタンディングオベーション。
少し酔っていたのかな?!いや、本当にすばらしいコンサートでした。
よき友と楽しい時間。これが私の一番の幸せ。すばらしい夜でした。
# by saradental | 2011-12-24 20:38
いただきます
f0063715_1941055.jpg

毎年、この時期にたくさん、いろいろなお品を戴きます。
私の方が感謝しているのに、戴き物をしてしまう。本当にありがたい事です。
そして、今年もこの作業。虫も殺さぬ私が、生きた伊勢エビを熱湯にいれ、
暴れぬように蓋をし、赤くボイルする。
f0063715_1935395.jpg

そして、次はこうなり、、、。
f0063715_1932527.jpg

最後はこうして頂く。
全行程をとおして、生きている命をいただくありがたさを感じる。
失う命があり、生きる命がる。それを感じ、感謝する儀式がこのボイルなのだろう。
# by saradental | 2011-12-19 19:41
クリスマス
f0063715_18155842.jpg

久しぶりに見たい映画のロードショー
私の好きな北欧ノルウェーからの映画『クリスマスのその夜に』
以前ご紹介した『ホルテンさんのはじめての冒険』を監督・脚本
そして製作したベント・ハーメルさんの映画です。
クリスマスという特別の夜に起こる様々な日常の出来事。
寒い冬に、温かい気持ちになれるような映画でした。
# by saradental | 2011-12-17 18:25
中華
f0063715_22442619.jpg

中華レストランのテーブルにのっていたグラスクリアボール
なぜか不思議で、過去が見えるか未来が映し出されるか!?
じっと眺める自分でした。昔、磨りガラスに張ったセロファンテープの
透き通る先をじっと見つめる幼少期の自分を思い出しました。
# by saradental | 2011-12-14 19:33 | プライベート
ERIC CLAPTON & STEVE WINWOOD
f0063715_22425097.jpg

エリッククラプトンとウィンウッドとの共演!!
これはファンとしては聞き逃せないコンサートです。会場は名古屋ガイシホール
熱気に溢れるファンで一杯のホールは、暖房が決して十分でない、いや全く効かないホールを熱くしている!さあ、彼らの登場だ!!今夜は熱いぞ。
f0063715_22423721.jpg

# by saradental | 2011-12-12 22:51
2011皆既月食
f0063715_0392452.jpg

今夜を逃すと3年後しか見られない!
冬の澄み切った空気の夜空に見事な満月。ゆっくり左弦から地球の影が!!
大きく手を振ってみてもやはり月に私の手の影は映らない。あたりまえか!
いや、自分の小ささを痛感、もっと大きくならねば!
やがて月は赤く幻想的な配色になる。
双眼鏡で冷えきった夜に観測。こうやって双眼鏡でじっと夜空を見ていると
石垣島で獅子座流星群を観察した昔を思い出しました。
やはり自然はすごい!!!楽しい!!大好きだ!
f0063715_0385376.jpg

# by saradental | 2011-12-11 00:57
知多半島の海
f0063715_2242467.jpg

温暖な冬のある日。ここから30分ほど南。知多半島の先端近くの宿に行ってきました。伊豆や伊勢を思わせるような雄大で綺麗な海に、生まれ育った知多半島を惚れ直してしまいました。冬の豊浜漁港には、美味しい魚がいっぱいあがります。忙しく時間が過ぎていきますが、気持ちだけでも一日を大切に過ごしていきたいものです。
# by saradental | 2011-12-09 15:58
マジックコンベンション2011
f0063715_22364642.jpg

こりゃまた不思議な世界があるものです。今年も友人に誘われ、
マジックの祭典に行きました。
手元、足下を凝視していても、種も仕掛けも全く分からない!!
まあ、騙されている時間が不思議で楽しいのですが、、、。
自分も一つぐらいマジックを覚える事にしましょう。
# by saradental | 2011-12-08 23:12
寄席
f0063715_22192815.jpg

今年も全身スキャンの時期が来ました。
大阪で一泊二日で行う、年に一度の大がかりな人間ドックの検査。
空腹で一日がかりの初日の検査を終えると、その反動で夜はじけてしまいます。
今回は桂一門の落語を見にいきました。テレビでは味わえない臨場感と間が本当に楽しく「明日の結果は、考えない。今宵一晩だけでも楽しく過ごそう。」と
ばかりに抱腹絶倒に笑い楽しんだ夜でした。
f0063715_22191041.jpg

その後は調子に乗りすぎ、寄席近くのそばやで一杯。
あ〜これがまたいいんだよねー、熊さん。
f0063715_22293269.jpg

# by saradental | 2011-11-29 13:13
新人歓迎会
f0063715_2320491.jpg

今年の新入社員の歓迎会。もう、4月に入社し次期を逸した社員もいます。
ごめんなさい。みんなパーティー好きで、これをだしにしているかも?
今回はイタリアンレストランの貸し切り。
しかし、みんな楽しい。みんな違った個性があってそれが楽しい。
経営のトップとしてはそれを束ねるのが役目なのでしょうが
これ程の「じゃじゃ馬」を束ねるのは大変です。
でも、みんなと一緒にいるのが一番楽しい!!
f0063715_23203117.jpg

# by saradental | 2011-11-19 23:33
懇親会
f0063715_1392284.jpg

日本アンチエイジング研究会の前夜祭。昨日まで知らなかった人達なのに
もう友達になっている。懇親会って不思議なマジックですね。
f0063715_1363967.jpg

数字のマジックも不思議で面白い。この日宿泊したホテルのカードキー。
1111 11/11/12  偶然にしても摩訶不思議。
# by saradental | 2011-11-19 23:16
Beaujolais nouveau
f0063715_22434028.jpg

もう今年もこの時期になってしまったのか。毎年早くなっていきます。
いつもお世話になっているソムリエさんに選んでいただいたボジョレー。
美味しく頂ける環境に感謝です。
# by saradental | 2011-11-18 22:55 | プライベート
浜松町
f0063715_135513.jpg

日本臨床アンチエイジング研究会の時に宿泊した浜松町。
ビルの合間に東京タワーが見える。
この浜松町に私のお気に入りのホテルがある。
三井ガーデンホテル汐留。ホテルの屋上には大浴場があり
ビジネスホテルの狭い浴室とは違い、なぜか仕事で東京に来ているのに
温泉気分を多少味わえる。温泉好きの私には超魅力的。
f0063715_1344538.jpg

浜松町にあった、そば屋さんの看板。
なぜか、納得のうたい文句。
私も「早く安く技術は最高」の歯医者になりたいものだ!
# by saradental | 2011-11-17 00:17 | 仕事